秋鹿神社あいかじんじゃ


 宍道湖沿いの国道から北へ進み、広域農道との交差点から200mほど北にあります。

 雲陽誌に「姫二所大明神 風土記に載る秋鹿社 是なり」とある。御井神社は延喜式内社であったが、中古、社が衰頽して秋鹿神社に合祀された。社号を「姫二所大明神」と称する故は、秋鹿日女命と罔象女命二柱の女神が鎮座されている所以である。(境内説明書き)
 『出雲国風土記考證』には、「秋鹿社は、もと井神谷の宮崎にあったらしい」とある。(出雲神社探訪)

 御井社について
 現在、御井神社は無く秋鹿神社に合祀されている。しかし、『出雲神社巡拝記』には佐陀大社の境内田中二所明神社に合祀されているとする。また、『出雲国風土記注解』には、長江の井神谷から秋鹿社から五十間許の泉の上に移され、今は秋鹿神社に合祀されているとする。秋鹿神社宮司によれば秋鹿神社から百メートルばかり南の民家裏の湧水が元の位置らしい。―略― おそらく佐太神社の近くにあったものが田中神社に合祀された後、秋鹿神社に合祀されたのだろう。(出雲神社探訪)

 神社から南へ100mあまりの田んぼの中に樹木に囲まれた民家があり、その裏の東側に石柱が並んでいる。この場所が上記の御井神社の跡ではないかと思われる。

 出雲風土記:秋鹿社あきかのやしろ
 延喜式:
 主祭神:秋鹿日女命あいかひめのみこと
 配祀神:誉田別命ほんだわけのみこと(八幡宮)、罔象女命みずはのめのみこと(御井神社)
 境内社:若宮神社(西側)、八坂神社(西側)、國本神社(東側)、秋葉権現社(後方)、稲荷社(後方)、社日塔(後方)

 所在地:松江市秋鹿町2853
 訪問日:2021年2月14日

手水舎

随神門

神楽殿斎館

拝殿大正十年の石灯籠三枚の扁額

本殿後方の境内社

秋葉権現社稲荷社社日塔

西側境内社 若宮神社、八坂神社東側境内社 國本神社



神社から南へ約100m民家裏の東に石塔がある。反対側から 御井神社跡地か?

古い墓石のようだが




松江の神社