稲荷神社いなりじんじゃ


 広域農道から70mほど北へ入ると、西側の林内に建物が見えます。斜面を上がると、雨覆いの中に小さな社が祀られています。
 近所で尋ねると、「うちで祀っている神社で、稲荷神社です。元秋鹿神社という話も人から聞いたことがあるが、私は聞いていないし、書いたものもないのでわからない。」とのことでした。

 「出雲神社探訪」では、この稲荷神社を秋鹿神社の旧社地としているが、「ふるさと秋鹿の地名と神々」では、秋鹿神社の旧社地として井神谷の宮崎をあげているが、この稲荷神社については全くふれていない。

 「秋鹿社 現地の人に聞いて現社地の東隣の井神谷に行くと、旧社地が残っており祠が祀ってあった。」(出雲神社探訪)

 「宮崎 佐太神社の朝山宮司の著によれば、秋鹿神社はこの地から現在地に移転遷座されたと書かれている。位置は広域農道沿い雲岸寺に行く道路の西側。」(ふるさと秋鹿の地名と神々)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:
 境内社:

 所在地:松江市秋鹿町井神
 訪問日:2022年1月8日


林の中に屋根が見える。

雨覆いの中に社がある。





松江の神社