和霊神社われいじんじゃ


 大庭町団原の団原公民館の敷地の奥あります。和霊神社の隣の石碑は、「高天神社」跡を示すものです。

 和霊神社は愛媛県宇和島市にあって、御祭神は山家清兵衛公と申します。山家清兵衛公は、宇和島藩祖伊達秀宗公(仙台藩伊達政宗公の実子)の家老として仕えた方で、清廉潔白で忠誠・剛直・勤勉な努力家で領民をよく理解し、善政に心がけ領民敬慕の政治家で、没後「和霊さま」と親しまれ、四国各地はもとより全国各地に崇敬者ができました。
 大庭地区にも明治三十年頃より東部において和霊講が始まり、年毎に崇敬者も増え、七月二十三日のお祭には多数の参拝者で夜遅くまで賑わったそうです。
 明治三十九年この場所にありました高天神社が神魂神社に合祀された後、大正四年に和霊神社の祠がまつられ現在に至っております。(説明板)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:
 境内社:

 所在地:松江市大庭町
 訪問日:2021年5月19日





松江の神社