多太神社ただじんじゃ


 岡本町の道の駅から北へ進むと、広域農道を越えた秋葉山の麓にあります。

 創立年代は不詳でありますが、出雲国風土記の秋鹿郡多太郷の項に「多太社」と記載されている古社であります。須佐能乎命と櫛稲田姫との五番目の御子 衝桙等乎而留比古命が国を巡っておられました時 この土地を訪れると「我が心は明るく汚れのない正しい心持ちになった。我はこの土地に鎮まろう」と言われました。故にこの「正しい」をとって「多太郷」という地名がつけられました。(境内説明書き)
 雲陽誌では、「羽鳥大明神」とし、「鳥石楠舩神なり・・・社の下に神明の乗て来り玉ふ舩なりとて長さ七尺横四尺五寸の舩石有」とあります。

 出雲風土記:多太社ただのやしろ
 延喜式:
 主祭神:衝桙等乎而留比古命つきほことおしるひこのみこと
 配祀神:稲背脛命いなせはぎのみこと
 境内社:稲荷社、八幡宮、艫田神社(飛地境内社)

 所在地:松江市岡本町876
 訪問日:2021年2月14日

秋葉山の西側麓にある。

狛犬には大正十二年の刻みがある。

境内の右側にある船形石手水舎随神門をくぐる。

拝殿昭和八年の石灯籠本殿

本殿右横の大岩に社日碑が乗っている。本殿左の境内社手前が八幡宮

奥にあるのが稲荷社

神楽殿




松江の神社