日御碕神社ひのみさきじんじゃ


 島根町野波の瀬崎漁港の東の山にあります。漁港から東へ20mほど行くと、南へ入る小さな路地があり、その奥に神社へ上がる石段があります。
 風土記の爾佐社は千酌の爾佐神社が比定されますが、延喜式の記載順からこの瀬崎の日御碕神社も論社としてあげられます。

 当社は往古千酌浦爾佐神社の御分霊を勧請し後宝永年間に日御碕明神を合祭せる旨口碑に伝う。元弘帝隠岐より還幸の砌り瀬崎に御船を寄せられた節日御碕神社の小野宮司が元弘帝を奉戴し伯耆国に向わせ給い其の帰途瀬崎に風波さけるため寄港し日御碕神社御分霊を此に鎮めし故を以て昭和六年八月三十一日に日御碕神社と社名変更せしと伝う。(神国島根)

 雲陽誌に、「爾佐明神 瀬崎という所にあり都久豆美命なり」とあります。

 出雲風土記:爾佐社にさのやしろ
 延喜式:爾佐神社
 主祭神:都久津美神つくつみのかみ
 配祀神:事代主命ことしろぬしのみこと
 境内社:八坂神社

 所在地:松江市島根町野波字瀬崎3776
 訪問日:2021年5月12日

民家の間の細い路地を入る。石段の上に鳥居がある。

平成二十七年の狛犬

手水鉢拝殿

拝殿内の扁額本殿

右の境内社左の境内社歳徳神

境内の全景




松江の神社