長見神社ながみじんじゃ


 国道431号の長海バス停から北西に進むと、山際に鳥居が見えてきます。

 当社は出雲風土記に長見社、延喜式神名帳に長見神社と見え、後世杵田大明神と称えている。明治二年神社改により社号を長見神社と改称するに至る。(神国島根)

 雲陽誌に、「杵田大明神 瓊々杵尊を祭、・・・古老傅に源義経家臣西塔武蔵坊辨慶が産神なり」、「新宮神社 速玉男命なり」とあります。

 出雲風土記:長見社ながみのやしろ
 延喜式:長見神社
 主祭神:瓊々杵命ににぎのみこと木花開耶姫命このはなさくやひめのみこと
 境内社:新宮神社、金崎神社
 境外社:弁吉女霊社

 所在地:松江市長海町59
 訪問日:2021年5月8日

山際に鳥居がある。

天保三年の石灯籠昭和十六年の手水鉢

手水鉢平成二十二年の狛犬

拝殿本殿

右の境内林内に荒神がある。境内社

左の境内境内社境内社 天満宮





松江の神社