水玉稲荷神社みずたまいなりじんじゃ


 山陰自動車道とだんだん道路に挟まれた丘陵にあり、国道9号から南へ入ると、道路沿いに大きな赤い鳥居があります。単独の神社と思ってしまいますが、これは鷹日神社の境内社です。

 御祭神 宇迦の魂の神 商売繁盛の祖神として世の人に崇敬されている稲荷大神で当社は元松江城下殿町に鎮座するも嘉永年間当地に鎮座、昭和七年御本殿も造営となりこれより大神の御神宣があり「願う事があらばこの稲荷が必ず成就させる。」との神のおつげを受け崇敬者も日毎に多く参拝があり、この霊験あらたかな大神の御神徳を戴く人々でにぎわった。(境内説明より)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:宇迦之魂命うかのみたまのみこと
 合祀:
 境内社:

 所在地:松江市東津田町
 訪問日:2020年5月3日

道路沿いに大きな赤い鳥居がある。参道は鳥居から右へ行く。斜面の石段を上がる。

赤い鳥居が続く。

石段下の狛犬

手水鉢拝殿扁額

本殿拝殿前の狛狐

右奥の境内社本殿横の小祠

手水鉢社日碑鷹日神社からの参道




松江の神社