明音寺の伽藍神社がらんじんじゃ


 美保関町諸喰集落の路地の西奥に明音寺があります。境内の北の外れに小さな社が1宇あり、これが奢母智神社の前身である文殊童子社が移管され、改名された伽藍神社ではないかと思います。

 「由緒 諸喰と法田で共有する氏神様は最初『文殊童子社』が天正六年(一五七八年)に創建されてから貞享元年まで百六年間祀られていた事が遷宮棟札が保存してあり分かります。・・・『文殊童子社』は明音寺に移管されて、『伽藍神社』と改名し造営されました。」(奢母智神社境内由緒書)

 出雲風土記:
 主祭神:
 境内社:
 所在地:松江市美保関町法田
 訪問日:2021年9月11日

路地の奥にある明音寺本堂本堂北の境内の奥にある。

伽藍神社と思われる。




松江の神社