幸神社・久志母里社さいわいじんじゃ・くしもりしゃ


 寺町人参方にあります。江戸時代に人参の栽培技術を日光より藩内に持ち帰った小村茂重が、厚く信仰していた猿田彦命と薬の神様が祀ってあります。詳細は不明です。

 「日光から人参の栽培技術を学んで帰った小村茂重が祀った幸神社(猿田彦命の祭神)、久志母神社(薬の守り神)があります。(白潟公民館パンフレット)

 「また、幸神社は文政十一年三月十二日(1828)松江人参方役所製造場に分詞す。」(津田・古志原郷土誌 山代神社

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:猿田彦命さるたひこのみこと
 境内社:

 所在地:松江市寺町人参方
 訪問日:2021年4月15日






松江の神社