多久神社たくじんじゃ


 鹿島町北講武柏の谷を入ると道路脇の小高い場所に一本の木があります。その木の根本に小祠があります。
 後日、再訪し作業中の方に多久神社の旧社地のあった字宮迫を尋ねると、「この谷を『みやざこだん』と言っている。神社のあった場所は地元で草刈りだけはしている。」と場所を教えてもらいました。それは先日この小祠を写した場所でした。
 多久神社は、この場所から明治4年9月20日に現社地に移転しています。

 「当社は遠き古より北講武字宮迫の地に御鎮座ありしを、明治四年九月二十日官名により現在の地に素盞嗚命を御祭神とする熊崎神社に御奉遷し多久神社と改称し奉れリ。」(神国島根)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:
 境内社:

 所在地:松江市鹿島町北講武柏・宮迫
 訪問日:2021年4月15日

谷の奥へ入る。道路脇に一本の木がある。木の根本に小祠がある。





松江の神社