加佐奈子神社かさなしじんじゃ


 近くにあった太田池は埋め立てられ宅地に変わり、神社の周りの木々もなくなり、風情がなくなってしまいました。本殿裏には笠無古墳があります。石室の天井石が割れて内部に落ち込み、半分くらい埋まっているそうです。
 神社名が「かさ無し」に通じるので瘡病を治す神様との信仰も生まれたといわれます。明治41年、42年に3社を合祀している。(里の息吹 持田公民館)

 出雲風土記:加佐奈子社かさなしのやしろ
 延喜式:
 主祭神:素戔嗚命すさのおのみこと
 配祀神:高於加美神たかおかみのかみ(貴船神社)、瀬織津姫之命せおりつひめのみこと(石淵神社)、建御名方命たけみなかたのみこと(王子神社)
 合祀社:
 境内社:稲荷神社(祭神:稲倉魂命いなくらたまのみこと

 所在地:松江市東持田町262
 訪問日:2021年2月10日

拝殿本殿

境内社 稲荷神社歳徳神

本殿の裏には笠無古墳がある。




松江の神社