笠柄神社かさがらじんじゃ


 東岩坂の安田地区の、斜面の畑の脇の細い道を上がると、林内にあります。境内には1宇の境内社があります。

 江戸時代には安田大明神、明治時代には安田海正寺の笠柄神社であったが、毛社神社の境内社になった。現在は安田地区の南外れに鎮座している。(出雲神社探訪)

 出雲風土記:笠柄社かさがらのやしろ
 延喜式:
 主祭神:大己貴命おおなむちのみこと
 境内社:1宇

 所在地:松江市八雲町東岩坂549
 訪問日:2021年2月22日

畑の脇の斜面を上る。道の脇に大きな立石がある。

鳥居の代わりに注連縄が張られている。御幣が立てられている。

拝殿手水鉢

石灯籠拝殿は壁がない。本殿

扁額境内社30mほど北に歳徳神がある。




松江の神社