加賀神社かかじんじゃ


 島根町加賀の浜を過ぎ、東へ曲がった所の島根体育館の手前にあります。

 風土記に祭神枳佐加比比賣命、加賀神崎の神窟に佐太大神を産育なし給い、云々又支佐加比比賣命社此處に坐す、とありもと当社はこの神崎の神窟(潜戸)に祭神、枳佐加比比賣命を祭り鎮座ありしを後猿田彦命外三神を合祀り現今の社地に遷座し奉れり、後兵火に罹り給いて、古物旧記は烏有に帰し為に創立年代、其他不詳。萬治二年十月十一日再創立(神国島根)

 雲陽誌に、「潜戸大神宮 伊奘諾伊弉冊尊なり」とあります。

 出雲風土記:加賀社かかのやしろ
 延喜式:
 主祭神:枳佐加比比賣命きさかいひめのみこと猿田彦命さるたひこのみこと
 配祀神:天照大神あまてらすおおかみ伊邪名岐命いざなぎののみこと伊邪那美命いざなみのみこと誉田別命ほんだわけのみこと
 境内社:東末神社、西末神社、日御碕神社、恵比須神社、熊野神社
 境外社:木野山神社

 所在地:松江市島根町加賀1490
 訪問日:2021年4月20日

手水舎

随神門前の狛犬随神門

随神門内側の狛犬拝殿

扁額本殿右の境内

日御碕神社東神社左の境内

西神社恵比寿神社熊野神社

境内の全景




松江の神社