速日神社はやひじんじゃ


 玉湯町奥大谷の丘の上の林の中にあります。明治40年に日速神社に合祀され、社殿はないと思っていましたが、小さいですが立派な社殿があります。
 地元の方の話では、「日速神社に合祀をしたが、その後地区内で伝染病が流行り、氏神様の境内を荒らしているからだということになった。そのため、再度社殿を作ってお祀りすることにしたようだ。」とのことでした。

 「日速神社は、もと奥大谷にあって、近世の聖神社に当り、明治に入って速日神社と称し、村社となる。社殿を修復したことはその棟札によって知られるが、年代は明らかでない。三九年(1906)宮山鎮座の、近世山王神社と称した日吉神社へ合祀して、両社名を合わせ日速神社と改称した。」(玉湯町史)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:天忍穂耳命あめのおしほみみのみこと
 境内社:
 所在地:松江市玉湯町奥大谷
 訪問日:2021年9月25日

電柱から丘の上へ径がある。一段上がると歳徳神がある。歳徳神の前から径がある。

手水鉢

立派な彫物がある。

斜面を周ると正面の石段がある。社殿正面の石段




松江の神社