熊野神社くまのじんじゃ


 宍道町上白石の西城寺の西側の墓地の上部の谷に神社跡があります。
 西城寺の西側の民家の脇から山へ向かう径があり、竹やぶへ入ると谷の方へ向かって踏み跡があります。谷の奥へ入ると平場があり、加工されたような石材がたくさん散在しており、神社跡と思われます。熊野神社は、明治40年(1907)に石宮神社に合祀されています。

 「宍道町歴史史料集 地名編」を見ると、西城寺の西の裏山に「イカン谷」があります。

 「[石宮神社]・・・境内社 熊岩神社・・・は字イカン谷に鎮座していた熊野神社」(宍道町史) 

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:伊耶那美命事坂(事解之男)命早玉之男命
 境内社:

 所在地:松江市宍道町白石上白石
 訪問日:2021年9月5日


寺の西側の民家の脇に山への径がある。無花果の脇を行く。竹やぶへ向かう。

竹やぶへ入ると右の谷へ踏み跡がある。谷の奥に平場がある。

加工された石材が散在している。





松江の神社