内馬の荒神うちうまのこうじん


 内馬の公会堂を過ぎて、南西の方向の民家の裏山の林内に、建物のようなものが見えました。農作業中の方に尋ねると、「荒神さんだが、詳しいことはわからない。」とのことでした。
 民家の脇から山へ上がってみると、広い境内の中に注連縄が張られ、荒神さんが祀られていました。境内には金屋子神を始めとして、たくさんの小祠が祀られていました。各小祠には神社名の書かれた木札が付けられており、地元でよく管理されているようです。ここは単に荒神さんではなく、以前には大きな神社があったのではないでしょうか。(後日、近くの年配の人に聞くと、「大きな神社があったという話は聞いたことがない。荒神さんと呼んでいる。私が小さい頃とさほど様子は変わっていない。」とのことでした。)

 出雲風土記:
 主祭神:
 合祀:
 境内社:

 所在地:松江市東出雲町内馬
 訪問日:2021年2月22日

鳥居はないが古い狛犬や石灯籠がある。

宝満山 金屋子神古い石灯籠

縄久利神社 牛馬神獅子頭注連縄の奥に荒神がある。

荒神祇園神社日の神

下組歳徳神上組歳徳神

境内の全景




松江の神社