つゆじんさん


 宍道町上来待和名佐から大東町へ向かう県道脇の岩の上にあります。近くの人の話では、子供のおねしょにご利益があるとのことでした。

 蛇を祀る信仰の1つで、岩の隙間に住む小さな蛇をツユジン・ツユザエモンなどと呼び、梅雨にその姿を現すことから、水に関連する神格と一般に考えられている。県内数カ所で祀られているが、宍道町でも和名佐地区と大東町との境の道路脇に祀られている。(宍道町史)  

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:
 境内社:

 所在地:松江市宍道町上来待和名佐
 訪問日:2021年5月26日

大東へ向かう県道沿いにある。岩の上に2宇の石小祠がある。

大東方向からの様子




松江の神社