楯井神社たていじんじゃ


 熊野大田の民家裏の木の脇に標柱がある。明治41年に熊野大社の境内社に合祀された。

 「式内社調査報告」には、「もとは前記田中社より五丁ばかり上の字大田の意宇川東岸の田の中にあったが、洪水で流出し、同部落の太田山の鼻にあった太田山神社に合祀した。それを明治四十一年十月の神社整理にあたり、大田山神社とともに現大社境内摂社の伊邪那美社に合祀した」とある。祭神の太田命は、出雲の政治に携わった猿田彦命の後裔とされている神である。(出雲神社探訪)

 出雲風土記:楯井社たていのやしろ
 延喜式:楯井神社
 主祭神:大田命
 境内社:

 所在地:松江市八雲町熊野311
 訪問日:2021年3月15日

民家の間を奥へ入る。斜面を上る。木の柵囲いが見える。

柵の中に標柱がある。

奥にも柵囲いがある。小祠が祀られている。




松江の神社