八幡神社はちまんじんじゃ


 島根町多古の漁港から路地を東へ上がった丘陵の上にあります。

 「当社の勧請創立年代は不詳なれど口碑に伝える処によれば津和野城に仕へる家老職であった多胡左衛門丞の勧請したものと伝えるが、当神社は現在三隅町字竹原に鎮座ます八幡宮より御分霊を奉持し三保の浦より舟出し異なく自分の領有の吾が地に帰着せし故に八幡宮の祭神誉田別命を鎮め奉りし由伝う。(神国島根)

 雲陽誌に、「八幡宮 社三尺四方」とあります。

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:誉田別命ほんだわけのみこと
 境内社:恵毘須神社、八坂神社、金刀比羅宮

 所在地:松江市島根町多古461
 訪問日:2021年10月10日


丘の上に参道が上がっている。路地を入る。右へ曲がって斜面へ向かう。

長い石段を登る。鳥居の扁額

手水鉢社殿の全景拝殿前の狛犬

拝殿拝殿の扁額

本殿右の境内社歳徳神

左の境内社境内の全景




松江の神社