高林神社たかばやしじんじゃ


 玉湯町林別所から大谷へ出る道路の高台にあります。「神国島根」には境内社に「聖神社」が載っていますが、「高林猿田彦神社」と張り紙がありました。
 以前(2002年)に訪れたときは、鬱蒼とした杜の中の神社でしたが、木々が全て伐採されていました。

 当社の創立年代不詳なるも、元禄三年の棟札がある。雲陽誌に妙見社と載せられ、「社司伝て下照姫をまつる。本社一間四方東向此所を別所という」と書かれてある。安産の神として近部の人々の信仰極めて厚かった。後境内拡張、社殿を改築し高林神社と改称された。(神国島根)  

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:天之常立神あめのとこたちのかみ国之常立神くにのとこたちのかみ大巳貴神おおなむちのかみ
 境内社:聖神社

 所在地:松江市玉湯町林別所952
 訪問日:2021年5月26日

道路沿いの高台にある。手水舎

石段上の狛犬

拝殿拝殿内の扁額本殿

右の境内境内社 高林猿田彦神社

左からの社殿参集所?境内の全景

2002年7月の様子




松江の神社