素盞嗚神社すさのおじんじゃ


 八雲町熊野の熊野大社の北側の道を西へ入り、しばらく進んで左折し、社殿の裏側の林内の道を南へ進み、尾根の先端へ向います。尾根の先端付近に大きなサカキの木が3本あり、その木の元に神社跡の標柱があります。尾根の先端部はヌルデやタラノキがたくさん生え、藪になっています。
 明治時代に熊野大社に合祀された20社の跡地に、跡地を示す標柱が立てられいます。この標柱の位置図により、跡地を訪ねることができました。

 雲陽誌に、素盞嗚社跡と記載されているので、1700年初頭には上之宮に合祀されていたと思われます。

 「明治四十一年、村内各部落の氏神、小宮を上之宮に合祀し、四十三年十月十五日、上之宮三社の中央の宮の様式にもとづいて、下宮内現社域に「伊弉那美神社」を造営し遷座祭が執行された。この時「伊弉那美神社」に合祀された村内各社は次のとおりである。・・・素盞嗚社(宮内)・・・。」(八雲村誌)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:素盞鳴尊すさのおのみこと
 境内社:

 所在地:松江市八雲町熊野
 訪問日:2021年5月30日、2022年5月21日

熊野大社裏側の林内を進む。尾根の先端に向かう。大きな3本の木がある。

3本の木に囲まれて標柱がある。山の上の中央の樹木の間にある。




松江の神社