住吉神社すみよしじんじゃ


 朝酌川の嵩見橋を東へ渡り、大内谷の集落の民家の間の路地を北へ上がると薬師堂があり、その奥に神社があります。拝殿の脇に狛狐が並んでいるのはなぜでしょう。一度明治期に廃社になり、その後再建されているので、以前には稲荷神社も祀られていた名残なのでしょうか。

 「当社は古くから当所に祀られていたが、明治三九年一一月一二日に市成の熊野神社に合祀許可、同四二年四月一日に合併完了した。それを昭和四二年に熊野神社から分離し、再び旧社地に社殿を建立して祀った神社である。」(川津郷土誌)

 「天正六年九月勧請、然るに明治四十二年四月一日同村熊野神社に合併、爾来廃社となりしが、昭和四十二年十月六日神社再建、神霊旧地に遷座された。古くは若宮神社と申し寛永二十一年三社大明神と改め現社号は寛永十一年以後奉称する。」(神国島根)

 雲陽誌に、「住吉神社 表筒男命、中筒男命、底筒男命なり、・・・天正六年建立の棟札有、委しからざれば勧請時代不知」とあります。

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:底筒男命そこつつのおのみこと中筒男命なかつつのおのみこと上筒男命うわつつのおのみこと
 境内社:

 所在地:松江市西川津町大内谷438
 訪問日:2021年3月27日


民家の間を上がる。石段がある。石段の上の狛犬

もう一段上がる。薬師堂の前に上がる。

左に神社がある。社名碑手水鉢

拝殿本殿拝殿前の狛犬

天保十五年の石灯籠なぜか石狐が並んでいる。

奥には荒神が祀られている。境内の全景




松江の神社