須義神社すぎじんじゃ


 美保関町菅浦の集落の南の端にあります。合祀された新宮神社の跡地(字上ノ宮)は、須義神社南方にありましたが、県道37号の開設によって削られたようです。

 「出雲風土記にあれども由緒不詳。伊弉諾冊外十神は八束郡片江村大字菅浦字上ノ宮に鎮座、新宮神社と称し由緒は勧請創立年代不詳然るに・・・明治四十年十二月十五日本社に合併す。」(神国島根)

 雲陽誌に、「神畑明神 猿田彦命なり・・・天正五年造立の棟札あり」、「新宮 社五尺四方南向」とあります。

 「明治8年の皇国地誌によれば菅浦の神社は二社であり、「須義神社」と「新宮神社」が報告されている。それによれば「新宮神社」は村の南800メートル、祭神は伊弉諾尊・速玉之男・事解之男伊であり、「須義神社」は浦から100メートル、祭神は猿田彦・誉田別尊となっている。」(島根半島四十二浦巡り)

 出雲風土記:須義社すがのやしろ
 延喜式:
 主祭神:猿田彦比古神さるたひこのかみ応神天皇おうじんてんのう合祀十一柱
 境内社:素鵞神社、秋葉神社、歳徳社

 所在地:松江市美保関町菅浦289
 訪問日:2021年5月12日


集落の南の外れにある。集落側から参道がある。

手水鉢拝殿は境内いっぱいに建っている。拝殿

扁額石垣下から俯瞰。

本殿左側の境内境内社

境内社境内左端の歳徳神



新宮神社跡

県道開設で削られている。




松江の神社