客神社きゃくじんじゃ


 島根町加賀から野波方面へ新加賀トンネルを抜けると、左に佐波への分岐があり、少し下がると右手に神社があります。
 境内社に名前のないものがあるが、「神国島根」にある恵比須神社かもしれない。

 創立不詳。御当社は勧請及由緒等詳ならずと雖も元亀天皇の砌加賀城主・・・の勧請にして、御社域は加賀村本郷内・・・御鎮座あらせられたる由伝えり。・・・然るに元禄年中代人参拝の不便を憂い近き守神を仰ぎ奉らんと佐波の邑頭佐波川の辺に移し本殿拝殿等造営奉祀せられたるに享保初年の頃に当て、降雨出水の為に・・・流出し尚御境内をも深淵となりたり、・・・高垣を築き堅牢なる御社域に改め享保三年御造営御遷座式を挙行せられたりと。今尚其の高垣は堅牢なり。(神国島根)

 雲陽誌には、「客明神」と名前だけ載っています。

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:伊弉冊命いざなみのみこと
 境内社:恵比須神社

 所在地:松江市島根町加賀字佐波2401
 訪問日:2021年5月12日

明治廿五年の狛犬

拝殿扁額

本殿右の境内岩に注連縄がある。

境内社 恵比須神社か神木か?左の境内

若宮大明神歳徳神西側の入口

境内の全景




松江の神社