金毘羅宮こんぴらぐう


 宍道町西来待の大野地区の高台にあり、境内は広場になっています。

 宍道町史には、「金比羅さん 漁業・航海の神として、また農耕神、地主神として祀られる神である。大野地区では金毘羅さんを地区22軒の氏神として祀る(境内には他に惣荒神、社日を祀る)。金毘羅宮境内に、宮地を守護する「宮の荒神」が地区全体で祀られ、・・・「宮の荒神」の宝殿には金クソが祀られている。」とあります。

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:金刀比羅大神
 境内社:

 所在地:松江市宍道町西来待大野
 訪問日:2021年5月23日

道路脇の高台にある。石段がある。社務所の奥に石段がある。

石段横の手水鉢注連縄が張ってある。社日碑と金毘羅宮

金毘羅宮境内右の石段の上に荒神がある。宮の荒神

石祠に金クソ(鉱滓)が祀られている。




松江の神社