木野山神社きのやまじんじゃ


 島根町大芦の海岸沿いの道路の旧道の、大芦浜集会所への分岐の角から斜面の石段を上がると神社があります。
 木野山神社は、明治10年代にコレラが流行り、木野山神社は眷属神(使神)が狼であることから、虎より(コレラ 虎烈刺)より強いと、全国的に信仰・勧請されたようです。参考:「伝染病の大流行と信仰」

 神国島根に大埼神社の境外社として木野山神社があるのは、この神社のことだろうか。主祭神はこの境外社のものを載せています。

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:大山祇命おおやまつみのみこと豊玉彦命とよたまひこのみこと大巳貴命おおなむちのみこと
 境内社:

 所在地:松江市島根町大芦浜
 訪問日:2021年4月20日

道路の角から石段を上る。

眷属は狼と言われている。

拝殿本殿境内の全景




松江の神社