恵比須神社えびすじんじゃ


 けやき通りから近世の山陰道を上がると、峠の十字路に小さな社が祀られています。荒神と社日碑も一緒に祀られています。

 荒神は牛荒神と呼ばれ、博労や牛を飼っていた人びとの尊崇が厚かった。恵比須社はかって蛭子社ひるこしゃといっていた。(島根県歴史の道調査報告書)

 明治の社寺明細帳によれば、一応明治四十年一月二十一日廃社届が出されているようであるが、その後続いて維持管理されたものと思われる。(乃木郷土誌)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:蛭子神ひるこのかみ
 境内社:

 所在地:松江市浜乃木4丁目
 訪問日:2020年5月3日

峠の十字路にある。

扁額に「一宮 恵比須神社」とあります。社日碑

牛荒神




松江の神社