中垣八幡宮なかがきはちまんぐう


 宍道町西来待の中垣集落の路地を入り、西のこんもりとした林の中にあります。

 宍道町史に、「1907年(明治40)来待神社に合祀され、この時、社殿は取り壊された。1946年(昭和21)分離独立し、この時、新たに社殿を建立している。・・・1972年(昭和47)、・・・中垣八幡宮に社名を変更している。境内には惣荒神、歳徳宮が祀られています。」とあります。

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:応神天皇おうじんてんのう比売神ひめがみ神功皇后じんぐうこうごう
 境内社:

 所在地:松江市宍道町西来待454
 訪問日:2021年4月24日

鳥居の扁額

短い石段を上がる。平成二年の狛犬

手水鉢拝殿

本殿歳徳神小祠

境内の全景




松江の神社