万原の荒神こうじん


 美保関町下宇部尾の万原地区の谷を少し入った林内に木製の鳥居があり、石段の上に社と小さな石祠が祀られています。また斜面の上には荒神もあります。近所の方の話では、「隣の下宇部尾の神社から分祀したもの。」、「あれは荒神さんだ。」とのことで詳細は不明です。

 「出雲国風土記註論」の「前原坡」の項に、「万原の集落のその字「鼻」の北側裏手の谷に荒神が祀られているが、」とあり、この荒神の写真が載っている。

 所在地:美保関町万原
 訪問日:2021年7月31日


民家の脇から路地を東へ入る。山沿いの径を進む。舗装が終わると歳徳神と鳥居が見える。

歳徳神木製の鳥居がある。

石段下の手水鉢石段上に社がある。風化した狛犬

2柱が祀られているのか。

社の隣の小さな石祠後ろの斜面の荒神




松江の神社