客大明神きゃくだいみょうじん


 宍道町白石の下倉の丘陵の上の林内にあります。丘の上の大きな木に向かって径が伸びており、途中に荒神の石祠があり、坂道を上ったところに小さな社があります。ここで三叉路となって、右へ行くと民家前を通って北の道路へ、真っ直ぐ行く古い径もやがて同じ道路へ出てきます。グーグルマップに載っているだけで、詳細は不明です。名前だけは近所で確認しました。

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:
 境内社:

 所在地:松江市宍道町白石下倉
 訪問日:2021年5月23日

防火水槽脇から径がある。直線状に森へ向かっている。途中に小祠がある。

戌亥荒神と刻まれています。右奥から上ってきた、左奥に社がある。

昭和十二年の石灯籠




松江の神社