熊山の三宝大荒神さんぽうだいこうじん


 東忌部町熊山の県道から東へ高台へ上ったところにあります。何かの行事の後でしょうか、足場が残っていました。

 大川端地区と熊山地区に鎮座する三寶大荒神 両荒神とも素盞鳴尊を祀る。創立は1000年以上も前と伝える。33年目ごとに行われる式年の荒神神楽があり、17時間に及ぶ夜を徹しての神楽である。大川端は2014年に第43回目、熊山は2020年4月に第44回目を数える。言い伝えによると、神代の昔、天照大神が天の岩屋戸お隠れになったとき、天照大神のお出ましを願うため、天宇豆売命が舞を舞うことになったが、そのときの琴・太鼓の革は両地区の牛の皮を用いたとされている。(忌部公民館パンフレット)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:素盞鳴尊すさのおのみこと
 境内社:

 所在地:松江市東忌部町熊山
 訪問日:2021年4月11日

斜面の上にあります。広い境内の奥にあります。





松江の神社