西宮神社にしのみやじんじゃ


 鹿島町名分にあった西宮神社の跡地は、番地から見当をつけた付近の家で尋ねてみました。「跡地は裏の山にあるが、何も残っていない。今は荒神を祀っている。」とのことで、道を教えていただきました。民家の横の道路を上がり、民家裏から畑へ登って右へ折れて竹藪へ向かいます。藪の手前で左へ上って、尾根から林内へ径が続いています。急坂を上がると平場があり、さらにもう一段上に平場があり注連縄が張ってあります。上ったところに1基の狛犬が残っており、その先に、今では荒神が祀られています。

 「西宮神社 名分字西奥四九九番地 明治四十四年四月二十六日 多久神社合祀」(講武村誌)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:蛭児命ひるこのみこと素盞嗚命すさのおのみこと
 境内社:
 所在地:松江市鹿島町名分西奥499
 訪問日:2021年8月4日

正面の民家の右脇の道路を入る。民家の後から畑へ上がる。

尾根から林内へ入る。竹林の中の径を行く。

急坂を上がると平場がある。もう一段上に注連縄が張ってある。

1基の狛犬が残っている。今は荒神が祀られている。




松江の神社