開運稲荷社かいうんいなりしゃ


 国道9号と開星高校の間にあり、自動車学校の北側に接した丘陵にあり、禅覚寺の境内にあります。詳細は不明です。

 「本殿には『開運稲荷大明神(南北朝時代の建武の忠臣、楠木正成が信仰していた稲荷とも伝えられている)』が奉安されています。」(津田公民館パンフレット)

 

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:開運稲荷大明神
 境内社:

 所在地:松江市西津田5丁目12-34
 訪問日:2020年5月3日


禅覚寺の参道脇から石段を上がる。赤い鳥居が見える。

鳥居手前の平成十八年の狛狐明治二十年の手水鉢

鳥居の間の風化した小さな狛犬拝殿

扁額本殿

境内右の4宇の小祠左の境内最上稲荷社

扁額境内の全景禅覚寺の鐘楼

禅覚寺の本堂




松江の神社