一夜神社いちやじんじゃ


 県道37号から原子力発電所へ向かって入り、鹿島病院を過ぎたところで左へ入り、集会所前から谷を入ると突き当りに神社があります。明治四十四年九月多久神社に合祀されたが、大正三年に旧社地に還り、令和元年に改修されたと社名碑の横に記されています。

 雲陽誌には、「加名山一夜大明神 【風土記】に載る一夜社是なり、彦火火出見尊を祭」とあります。

 出雲風土記:一夜社いちやのやしろ
 延喜式:
 主祭神:彦火火出見命ひこほほでみのみこと豊玉姫命とよたまひめのみこと
 境内社:

 所在地:松江市鹿島町名分122
 訪問日:2021年3月31日

谷間の集落へ入る。集会所の横から奥へ入る。突き当りの左に参道がある。

参道を上がる。歳徳神明治十四年の石灯籠

谷の奥に神社がある。社名碑経歴が書かれている。

手水鉢狛犬





松江の神社