市穂神社いちほじんじゃ


 東出雲町上意東本谷奥組の集落へ上がったところのカーブの脇にあります。参道の石灯篭は亀の背に乗っていますが、出雲金刀比羅宮の石灯籠も同じように亀の背に乗っています。

 雲陽誌には「川本社」とあって、「寛文八年造営の棟札あり」とあります。

 「乗光寺の谷をしばらく進むと山手に登り口があって、そこには神社の跡らしき灯篭や石が散らばっていた。確かにここには何かの神社があったようである。これが同市穂社かどうかはわからない。市穂社の旧社地かもしれない。」(出雲神社探訪)
 乗光寺の谷は宮谷と呼ばれていますが、公民館の館長や山仕事をしておられた方に聞いても、神社があったということはわかりませんでした。宮谷と呼ばれていることから、神社などがあったことは確かのようです。谷を上がってみると、乗光寺から少し入った右手の林内に荒神さんが祀られており、石灯籠が残っていました。2年ほど前に崖が崩れて様子は変わっているとのことでした。

 出雲風土記:市穂社いちほのやしろ
 延喜式:
 主祭神:水罔女命みずはのめのみこと市杵島姫命いちきしまひめのみこと
 合祀:同市穂社おなじきいちほのやしろ(出雲風土記)
 境内社:

 所在地:松江市東出雲町上意東2709
 訪問日:2021年2月6日

入り口にある歳徳神

鳥居をくぐると大きな石灯籠がある。手水鉢

亀の背に石灯籠が乗っている。

拝殿

本殿 荒神



 宮谷の荒神(神社跡?)

乗光寺の横から宮谷を入る。山へ入る径がある。荒神が祀られている。

灯篭の上部が残っている。




松江の神社