市原神社いちはらじんじゃ


 東出雲町揖屋市ノ原の谷を上がった道路脇にある。神社が樹林の中にあり、参道もはっきりしないので、わかりにくい。
 神社の奥へ径が続いており、その斜面に石灯籠があり、御幣が立てられていました。急斜面の径をしばらく上がると、両脇の木から注連縄が張ってあり、その奥に荒神が祀られていました。

 風土記の市原社に比定されるが、「延喜式の順序が意陀伎神社―市原神社―由貴神社―勝日神社ということから考えて、市原神社は広瀬町あたりにあるべきだ。―略―広瀬町菅原にも市原というところがあり、そこには倉手神社がある―略―市原社の可能性があるのではなかろうか。」(出雲神社探訪)

 出雲風土記:市原社いちはらのやしろ
 延喜式:市原神社
 主祭神:
 合祀:
 境内社:

 所在地:松江市東出雲町揖屋1630-6
 訪問日:2021年2月6日、2月22日

大きなシラカシの奥にある。小屋の横から入って行く。斜面を上る径がある。

斜面の石段の上に社が見える。 石段横に丸い石がある。

石段上の灯篭 雨避けの中に本殿が建っている。

扁額に「明治十年丁丑年」とある。神社の奥へ径がある。

径の斜面に石灯籠がある。 御幣に囲まれている。 急斜面を上がっていく。

注連縄が張ってある。 荒神が祀られている。

荒神の奥に小祠がある。





松江の神社