山神社やまがみしゃ


 八雲町東岩坂を南へ向かい、西奥から左へ山を上がった藤原地区で、国道と星上山へ上がる林道との角の杜の中に神社があります。
 近くにおられた人に聞いても、「昔からの話が引き継がれていなくて、わからない。ただ、他所から鍛冶屋関係の人がお参りに来たことがあって、鍛冶屋に関する神社ではないか。ここに鍛冶屋もあったし、この近くに「たたら」という地名も残っている。」ということでした。

 別所字藤原の「山神社」は、鑪谷に近い位置にあるところから製鉄の神として信仰されたものと思われる。金屋子さんと呼ばれている。(八雲村誌)

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:金山彦命かなやまひこのみこと大山祇命おおやまつみのみこと
 配祀社:
 境内社:

 所在地:松江市八雲町東岩坂藤原
 訪問日:2021年3月9日

国道と林道の交差点安政三年(1856)の狛犬

文政八年(1824)の石灯籠

右に隣接してある社日碑?

右へ少し離れてある石灯籠




松江の神社