我鸞神社がらんじんじゃ


 浜乃木5丁目と4丁目の間の丘陵の昔からの道を上まで登ると、交差点に恵比須神社などが祀られています。そこから東へ細い道を上がると墓地があり、その手前から畑の脇を進むと、左手に小さな社があります。またそこから30mほど進むと、小祠がありますが、名前など不明です。
 乃木郷土誌では、我鸞神社となっていますが、社の中の木札には、疱瘡神社と記されています。

 珍しい名前の神社であるが、疱瘡の神を祀った神社であるという。創立年は不明であるが、中に納められている木札を見ると、明治三十六年と大正四年に修繕され、昭和四年には朱塗りのお宮に建て替えられている。(乃木郷土誌)  

 出雲風土記:
 延喜式:
 主祭神:
 境内社:

 所在地:松江市浜乃木5丁目
 訪問日:2021年6月2日

細い道を東へ上がる。墓地の手前を左へ入る。畑の脇を進む。

1本の木の元に社がある。





松江の神社